くらし情報『2歳娘の下を触るクセに頭を悩ます日々…先生のおかげでサヨナラできた!【体験談】』

2021年11月26日 15:30

2歳娘の下を触るクセに頭を悩ます日々…先生のおかげでサヨナラできた!【体験談】

現在、2歳になる次女には、自身のおまたをしょっちゅう触るくせがありました。「保育園でも同じようなことをしていないだろうか……」「ばい菌がついて、炎症が起きたらどうしよう」などと葛藤した私が、どのように対処したかをお伝えします。

目次

・次女のおまたいじりが気になった月齢とは
・次女のおまたいじりに拍車がかかり…
・保育園に相談後、対処するが…
・医師から直接お話ししてもらった結果
・著者:黒井夢乃


母娘


次女のおまたいじりが気になった月齢とは

次女がおまたをいじっているな、と私が自覚したのは次女が1歳8カ月ごろのこと。次女が通う保育園では布おむつを推奨しており、1歳になったころから園でトイトレを始めていたので、自分のおまたに興味を持つのも自然な流れなのかな?くらいの意識しかありませんでした。

次女のおまたいじりに拍車がかかり…

しかし、次女のおまたいじりは次第に拍車がかかり、2歳になるころには、わざわざはいているおむつを脱いで、おまたをまじまじと見つめたり、おまたの間にティッシュを挟み込んで「恥ずかしい〜」とふざけたりしだしたのです。

これはさすがに対処をしなければと感じました。なぜならば、おまたにばい菌が入り込んで、炎症が起きてしまわないかと心配でしたし、保育園でも同様のことをしていたりしないかな?と心配になったからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.