くらし情報『日本映画が映す現代の家族のカタチ…大きな愛を遺す母とダメ夫、まさかの同居人!?』

2016年9月18日 14:00

日本映画が映す現代の家族のカタチ…大きな愛を遺す母とダメ夫、まさかの同居人!?

Photo by cinemacafe.net

先日放送を終えたドラマ「はじめまして、愛しています。」は、尾野真千子江口洋介が夫婦役で初共演し、“特別養子縁組”制度をテーマに家族を描いた。オリジナル脚本を担当したのは、社会現象にもなった「家政婦のミタ」の遊川和彦氏。ドラマは児童虐待など現代の問題も含みながら、血縁だけではない家族の姿を映し出し、ラストの壮絶な展開は視聴者を釘付けにした。

そして、いま映画界にも、さまざまなカタチのユニークな家族が続々と登場している。

まずは、『ワンダーウーマン』さながら(?)の力強い女性・母性を体現している『湯を沸かすほどの熱い愛』(10月29日公開)の宮沢りえ。彼女が演じた銭湯「幸野湯」の“お母ちゃん”双葉は、ある日突然、自分の余命が残りわずかという宣告を受ける。しかし、この“お母ちゃん”の熱量はむしろ一段と高まり、学校でいじめられている娘・安澄(杉咲花)のために、観る者が若干引いてしまうほどの荒療治を見せたり、初めて出会ったヒッチハイカーの青年・拓海(松坂桃李)の心をあっという間に開かせたりもする。

一貫しているのは、“その後”も家族が幸せに暮らせるよう、それぞれに大きな愛を遺していること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.