くらし情報『知念侑李&中川大志が『坂道のアポロン』ロスに!ディーン・フジオカも「一生の思い出」』

知念侑李&中川大志が『坂道のアポロン』ロスに!ディーン・フジオカも「一生の思い出」

2018年3月10日 13:12
 

関連リンク

・真木よう子、『焼肉ドラゴン』父親からの手紙に「ちょっと泣きそう」
・『アントマン&ワスプ』本予告、最小&最強バディの敵“ゴースト”の全貌が明らかに!
・川栄李奈、明るい女子高生役に苦戦?「私は普段暗いので…」<劇場版ポケットモンスター みんなの物語>
Photo by cinemacafe.net

知念侑李が単独初主演を務める映画『坂道のアポロン』初日舞台挨拶が3月10日(土)、TOHO シネマズ六本木にて行われ、知念さんのほか、出演する中川大志小松菜奈ディーン・フジオカら主要キャストが揃って登壇した。

準備におよそ1年半という膨大な時間をかけて臨んだという知念さんは、いよいよ迎えた初日に「とんでもなく…緊張しております。もう…昨日とか1週間くらいソワソワして、本当に寝る時間が減って、ドキドキとワクワクでいっぱいで」と声を震わせながら挨拶をし、観客から万雷の拍手で迎えられていた。

強い思いを持っていたのは、知念さんとセッションを何度も交わした中川さんも同じだった。撮影が終わった後も、東京で食事をして、その後ふたりだけでスタジオに入りセッションを重ねていたと明かした。中川さんが、「(『坂道のアポロン』の)ロスになっちゃって…焼き肉屋にスティックを持って行きました」と言えば、知念さんも「あのときの思い出がすごくて、ロスになって。ふたりで思い出しながらセッションをしました。撮影が終わってからも毎晩、そのときの思い出の写真を見ながら寝ていて」と強い思い入れを明かすと、そんな若者ふたりをディーンさんが「いいなあ」と眩しそうにし、中村梅雀も「呼んでくれよ~」と羨ましそうに見つめていた。

中川大志/『坂道のアポロン』初日舞台挨拶

『坂道のアポロン』は、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞し、「このマンガがすごい!2009 オンナ編」でも第1位に輝いた、名作漫画の実写映画化。転校先の高校で、誰もが恐れる不良の千太郎(中川さん)と運命的な出会いを果たした西見薫(知念さん)が、ピアノとドラムのセッションなど音楽を奏で、時間を共有することで絆を深めていく青春の日々と、その後の10年までも描き出す。

一生ものの友情を描いた本作にかけて「一生ものだと思うものは?」と聞かれた登壇陣。ディーンさんは「淳兄のトランペットです」と自身が演じた役のトランペットを挙げた。「撮影が終わった後に、一生の思い出でいただきました。元々、学生のときジャズバンドでギターを弾いていて、トランぺッターを見て格好いいなと憧れていて。夢のひとつが、この作品のおかげで体験させてもらえた」と笑顔を見せながら、知念さんらのほうに向きなおり、「この映画で得た経験や思い出は、自分にとって一生の思い出です」と語ると、知念さんや中川さんらもうれしそうにディーンさんを見返し、『坂道のアポロン』の温かい空気感を伝えていた。
ディーン・フジオカ/『坂道のアポロン』初日舞台挨拶

そのほか、初日舞台挨拶には真野恵里菜松村北斗(SixTONES/ジャニーズ Jr.)、三木孝浩監督も出席した。

/『坂道のアポロン』初日舞台挨拶

『坂道のアポロン』は全国にて公開中。

(cinamacafe.net)

■関連作品:
坂道のアポロン 2018年3月10日より全国東宝系にて公開
ⓒ 2018 小玉ユキ・小学館/映画『坂道のアポロン』製作委員会

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.