くらし情報『山崎賢人「トドメの接吻」最終回から“1年後”を描く「トドメのパラレル」配信』

山崎賢人「トドメの接吻」最終回から“1年後”を描く「トドメのパラレル」配信

2018年3月11日 23:30
 

関連リンク

・天皇皇后両陛下、映画『羊と鋼の森』ご鑑賞 主演・山崎賢人「緊張しました」
・【香港ディズニー】モアナの新ショーがスタート!大規模パーク拡張計画の第一歩が華々しく始動
・東出昌大&夏帆、『ビブリア古書堂』過去パート出演! 特報映像も公開
Photo by cinemacafe.net

山崎賢人主演の日曜ドラマ「トドメの接吻」が、先ほどついに最終回の放送を終え、同時に毎週ドラマ放送終了後に配信されてきたHuluオリジナルドラマ「トドメのパラレル」も最終回が配信。そんな最終回はなんと、山崎さんと門脇麦が演じる旺太郎と宰子の切なすぎる別れから“1年後”を描いているのだという。

山崎さん演じるクズ男・堂島旺太郎が、謎の“キス女”に接吻されては突如として死を迎えるという斬新な設定で描かれ、毎週放送する度に大きな話題となっていた本作。

以下、テレビ放送最終回のネタバレを含む表現があります。ご注意ください

「ドメキス」最終回は切なすぎる別れ…

本編最終回では、喪ったことで初めて宰子を愛していたことに気付いた旺太郎の前に春海(菅田将暉)が現れ、自分は宰子と同じ能力を持っていると告白。自分とキスをすれば過去に戻れるが、それは3か月前のまだ宰子と旺太郎が心を通わせる前のこと。しかもタイムリープは戻る前の世界を上書きしているのではなく、パラレルワールドとして変わりなく続いていき、犯した過ちは一生取り返せないのだと語る。そして春海とキスし、過去に戻った彼はこれまで関わった全ての人々のためになる行動を取り、そして宰子の前からも姿を消した――。

「パラレル」最終回は、ラストシーンの1年後の世界――

そして、これまで毎話“旺太郎の死後の物語”を描いてきたHuluオリジナルドラマ「トドメのパラレル」。最終回で春海が旺太郎に語った“パラレルワールド”とは、まさにこの世界のこと。

本編の最終回で宰子とは別々の道を歩む決断をした旺太郎はその1年後、「ナイン探偵事務所」で探偵になっていた。そこに現れた依頼者は宰子。彼女には探してほしいモノがあるという。それは“あなたとの記憶”――。宰子は1年前の別れ際、旺太郎に言われた言葉がずっと気になっていてここへ来たのだ。2人で過ごしたかけがえのない時間、忘れられない記憶、それを覚えているのは旺太郎ただ一人。再び現れた最愛の人を前に、旺太郎が出す探しモノの答えとは…?
「『トドメのパラレル』でまさか宰子と再会できるとは…個人的にとても嬉しかったです」と自身も喜ぶ山崎さん。「これまでバッドエンディングを描いてきた『トドメのパラレル』。最後のパラレルは、皆さんの心に残る感動的な物語になっていると思います。是非ご覧ください」とアピールしている。

Huluオリジナルストーリー「トドメのパラレル」最終回はHuluにて配信中。

(cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.