くらし情報『柳楽優弥にギャップ萌え!? イケメン武闘派からコメディまでお手のもの!』

柳楽優弥にギャップ萌え!? イケメン武闘派からコメディまでお手のもの!

2018年8月18日 09:15
 

Photo by cinemacafe.net

小栗旬主演×福田雄一監督のタッグで贈る、痛快なSF時代劇エンターテインメント『銀魂2掟は破るためにこそある』。超豪華な俳優たちが“限界突破”で挑むギャグと人情味たっぷりのドラマ、意外と本気なアクションのハイブリッドとなっている本作には、早くも期待値爆上がり。

その中で、真選組「鬼の副長」と言われながら、もう1つの人格・ヘタレオタクのトッシーが出現してしまう土方十四郎を演じた柳楽優弥に、とりわけ熱い視線が送られている。

先日の『銀魂2』完成披露試写会で、「トッシーのほうが楽しかったし、演じやすかった」と自身はむしろ“オタクサイド”だと明かしていた柳楽さん。その一方で、小栗さんや菅田将暉橋本環奈からは「真選組動乱篇」が怒涛のごとく展開する本編後半について「あまりに真選組がカッコよすぎる」との声も上がるほど。土方からトッシー、トッシーから土方へ!?そんな柳楽さんの“振り幅”演技に改めて注目した。

カンヌ最年少の男優賞から実力派俳優へ

是枝裕和監督の『誰も知らない』(’04)で母親に育児放棄された一家の長男を演じ、当時14歳にして第57回カンヌ国際映画祭男優賞を日本人初、史上最年少で受賞した柳楽さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.