くらし情報『『万引き家族』城桧吏、映画初主演!「都会のトム&ソーヤ」実写映画化』

2019年9月6日 13:00

『万引き家族』城桧吏、映画初主演!「都会のトム&ソーヤ」実写映画化

Photo by cinemacafe.net

『万引き家族』で注目を集めた城桧吏が大ベストセラー児童小説「都会(まち)のトム&ソーヤ」の実写映画化で映画初主演、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の河合勇人が監督、『劇場版 おっさんずラブ』の徳尾浩司が脚本をつとめる。

原作は、シリーズ累計180万部を超え、“マチトム”と呼ばれて愛読されている大人気の推理小説シリーズ。今年デビュー30周年を迎えた、「名探偵夢水清志郎」シリーズや「怪盗クイーン」シリーズなどで知られるジュブナイルミステリの旗手・はやみねかおるの代表作。“究極のゲーム”を作るため、都会の様々な場所を舞台にデコボコ中学生コンビが推理と冒険を繰り広げていく。

どこにでもいそうな中学2年生だが、どんな状況も切り抜けられるサバイバル能力を持つ内藤内人(ないとう・ないと)と、学校始まって以来の天才といわれ、一大財閥“竜王グループ”の御曹司である竜王創也(りゅうおう・そうや)の対照的なタイプの2人が活躍するバディもの。2003年の刊行開始からほぼ年1巻のペースで発売され、現在はシリーズ16巻に加え、ゲームブック2巻とファンブック1巻も出版。「小・中学生で知らない子はいない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.