くらし情報『八嶋智人が20年後のノリスケさん「どうかノリ良く見守って」 ドラマ「磯野家の人々」』

2019年10月7日 07:45

八嶋智人が20年後のノリスケさん「どうかノリ良く見守って」 ドラマ「磯野家の人々」

そして、編集部から人事部へとまさかの異動をしていた。しかし、伊佐坂難物の編集担当だけは続けており、その理由を「伊佐坂先生は僕じゃないと原稿を渡さない」とうそぶいているが、ちょっぴり切ない本当の理由とは…。

今回、日本一有名なちゃっかり者の20年後を演じることとなった八嶋さん。八嶋さんにノリスケ役のオファーをした渡辺恒也(企画・プロデュース)氏は、その理由を「ノリスケさんのちゃっかり者感が普段の八嶋さんのキャラとかぶるところが非常にあって(笑)、ノリの良さの中にちょっぴりシリアスをのぞかせる、八嶋さんならではのノリスケさん像に期待しました」とコメント。

そして八嶋さん自身も「ノリスケさんのちょいとノリの良い感じには親近感があったので嬉しかったです」と語り、「ただ眼鏡をかけてないので、どうか僕を見逃さないでください」とコメント。さらに、「時が経ち、それぞれの人生を歩むサザエさん一家が、もう一度、家族の絆を想う今回の物語。ノリスケさんは少し外野から、そんな皆を見つめる。それは視聴者の皆さんと同じ目線です。どうかノリ良く見守って、見終わったら自分の家族のことを改めて見つめてくださいね」とアピールした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.