くらし情報『【インタビュー】成海璃子、芽生えた責任感は俳優としての「原動力」』

2019年12月3日 07:45

【インタビュー】成海璃子、芽生えた責任感は俳優としての「原動力」

Photo by cinemacafe.net

「テメエの気持ちだけで芝居するんじゃねえよ、この大根が!」

インパクト大の、この発言。自分が俳優で向けられたらたまったものではないが、ひとりよがりな芝居をしている俳優に向けて吐いた言葉であれば、どれだけ胸がすくことか。この“台詞”を言った当人・成海璃子も、「言いながら“ああ、もうなんていい台詞…!”って思いましたよ(笑)。すっきりしました!」と破顔した。

10代から20代へ、芽生えた責任感「自分のパフォーマンスで評価をされるから」

俳優にもいろいろなタイプがいますよね、と話を振れば、成海さんは「“俳優だから何でもやりますよ”という気持ちがいい人が好きです。きっと自信があるから何でもできるというのがあると思いますし。…現場で急にゴネたりする人は嫌(笑)」と、きっぱりと答えた。かくいう成海さん自身も、「基本的には何でもやれなきゃいけないな、と思っています」と俳優としてのスタンスを示す。

子役時代から芸能の世界に身を置き、いろいろな大人と仕事をして、場数を踏んだ。

「10代のときとかは…ちょっと面倒くさいことを言っていたかもしれない(苦笑)。でも、やっぱり、それは変化したのかなと思いますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.