くらし情報『横浜流星「エル シネマ大賞」受賞に喜び「人の優しさに救われた年」』

2020年12月7日 21:00

横浜流星「エル シネマ大賞」受賞に喜び「人の優しさに救われた年」

Photo by cinemacafe.net

ファッションメディア「ELLE(エル)」が選ぶ「エル シネマアワード2020」受賞者が決定、今年もっとも輝いた俳優「エル メン」賞に横浜流星、女優「エル ベストアクトレス」賞に蒼井優が選出。「エル・ガール ニューディレクター」で池田エライザ監督、「エル ベストディレクター賞」で黒沢清監督が受賞した。

その年に公開された映画の中からベスト作品や映画人を表彰する「エル シネマアワード」が、今回、史上初のELLE Japan公式YouTubeとTwitterで行われたオンライン生配信で実施。生配信では、文化人やジャーナリスト、エル・エディターなどの投票によって、2020年に公開された国内外の映画の中からべスト映画を決定。

さらに日本の映画界において、今年もっとも輝いた女優・俳優・監督に贈る4部門の発表が行われた。「エル ベストアクトレス賞」には蒼井さんを選出。2020年は『ロマンスドール』『スパイの妻』『おらおらでひとりいぐも』と3本の映画に出演。特に主演を務めた『スパイの妻』では作品としても第77回ベネチア国際映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞し、世界の映画界でも唯一無二の女優として認められた年となった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.