くらし情報『高畑充希“真空”の母への想いに共感、北村匠海“太陽”の言葉には「沁みる」の声も…「にじいろカルテ」6話』

2021年2月26日 00:10

高畑充希“真空”の母への想いに共感、北村匠海“太陽”の言葉には「沁みる」の声も…「にじいろカルテ」6話

Photo by cinemacafe.net

高畑充希が難病を抱えた医師を演じる「にじいろカルテ」の6話が2月25日放送。自らの病をどうやって母に伝えるか苦悩する真空、その姿に共感する声と、そんな真空を励ます太陽の言葉にも多くの反応が寄せられている。

難病である多発性筋炎・皮膚筋炎を発症、東京の大病院の救命救急の現場で働けなくなり、偶然知った山奥の小さな村“虹ノ村”の診療所で働くことなる紅野真空を高畑さんが演じ、虹ノ村の診療所で真空が共に暮らす、自由奔放で天真爛漫なキャラだが妻を亡くした過去を持つ外科医の浅黄朔に井浦新。同じく診療所で共に暮らす、優秀だが優等生すぎる一面を持つぱっつん前髪スタイルの看護師・蒼山太陽に北村匠海。

彼らが向き合っていくのが、村唯一の商店兼食堂「にじいろ商店」の店主・橙田晴信(眞島秀和)や、認知症が進みつつあるその妻の雪乃(安達祐実)、雪乃の親友で村役場で働く緑川嵐(水野美紀)、嵐の義理の父親で日向の祖父の緑川日出夫(泉谷しげる)、同じく雪乃の親友の霧ケ谷氷月(西田尚美)、真空が虹ノ村に来るきっかけを作った氷月の夫・桂(光石研)、村に配達物を運んでくる“まじょたく君”こと雨尾結城(池田良)、日出夫の同級生の白倉博(モト冬樹)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.