くらし情報『菅田将暉、映画『キネマの神様』完成を報告「思い出の詰まった作品に」』

2021年3月30日 12:30

菅田将暉、映画『キネマの神様』完成を報告「思い出の詰まった作品に」

Photo by cinemacafe.net

松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』完成報告会見が、志村けんさんの一周忌にあたる3月29日(月)に行われ、菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎を筆頭に、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子とベテラン俳優らが勢揃い、さらには山田洋次監督も登壇し最新作に込めた熱い想い、さらに映画に対する強い愛を語った。

1950年~60年代の日本映画の黄金期と現代を舞台に、“映画の神様”を信じ続けた主人公・ゴウが時代を超えて織り成す“夢”と“愛”と“奇跡”に満ちた物語が描かれる本作。

志村さんの遺志を継いだ沢田研二とW主演を務め、撮影所の助監督として青春の日々を送る若き頃のゴウを演じた菅田さん。長期の撮影中断を経て、ついに完成を迎えることができた本作について「この1年、色んなことがありましたが思い出の詰まった作品になりました」と並々ならない想いと喜びを明かす。

「沢田さんのゴウは、僕の演じているゴウよりもたくさん動き回っていて、パワフルで、チャーミングな、ダメ父親だけど色気のある魅力的なゴウ」と表現した。

今回初めての山田組に挑戦した永野さんは撮影所近くの食堂・ふな喜の看板娘である淑子を演じている。「毎日緊張と勉強の連続で、今までになかった経験ができました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.