くらし情報『前田敦子、釜山でAKB48卒業後を振り返る「自分のやりたい道を歩けている」』

2014年10月6日 17:14

前田敦子、釜山でAKB48卒業後を振り返る「自分のやりたい道を歩けている」

前田敦子、釜山でAKB48卒業後を振り返る「自分のやりたい道を歩けている」
女優の前田敦子、女優のイ・ウンウ、廣木隆一監督が5日、韓国・釜山で開催中の第19回釜山国際映画祭(10月2日~11日)に出席し、映画『さよなら歌舞伎町』(2015年1月24日公開)の舞台あいさつを行った。

映画祭の「アジア映画の窓」部門に出品された本作は、新宿・歌舞伎町のラブホテルを舞台に、迷える大人たちの人間模様が交錯する物語。一流ホテルマンと周囲に偽るラブホテルの店長・徹を染谷将太が、その徹と同棲中の交際相手でミュージシャンを目指す沙耶を前田敦子が演じる。『100回泣くこと』(2013年)などで知られる廣木隆一監督がメガホンをとり、南果歩松重豊大森南朋村上淳忍成修吾田口トモロヲ、イ・ウンウといった俳優陣が脇を固める。

『もらとりあむタマ子』で昨年の同映画祭にも出席していた前田は、登壇すると「アニョハセヨ」と韓国語であいさつ。「去年参加した釜山国際映画祭に、今年も来られて嬉しいです。去年上映した映画と全く違う内容なのでそこを是非味わっていって欲しいです。楽しんでいってください」と喜びを伝え、「廣木監督とはずっと前から一緒に仕事をしたいと思っていました。内容云々の前に、『廣木さんとお仕事をしたい!』という私の強い願望でやらせていただきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.