くらし情報『大貫勇輔、少年たちに「人生を変えてもらった」コロナ禍の公演に熱量アップ』

2020年9月26日 11:30

大貫勇輔、少年たちに「人生を変えてもらった」コロナ禍の公演に熱量アップ

大貫勇輔、少年たちに「人生を変えてもらった」コロナ禍の公演に熱量アップ

日本では『リトル・ダンサー』として知られる映画『Billy Elliot』を舞台化した、ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』が、現在TBS赤坂ACTシアターにて上演されている。同作は2006年に舞台化され世界中で評判となり、日本では2017年に初演を迎えた。1984年、イングランドの炭鉱町に住む少年ビリー・エリオットがバレエの才能を開花させていく姿を軸に、ありのままに生きるというメッセージや、消えゆく炭鉱と子供達の未来の対比が、エルトン・ジョンの音楽にのせて描かれていく。

日本初演版は観客動員数16万人を超えるヒット作となり、第四十三回 菊田一夫演劇賞の大賞も受賞。1年半にも及ぶオーディションを経て1511名から選ばれた川口調、利田太一、中村海琉、渡部出日寿が主人公のビリーを演じる。そんなビリーの未来を想像させるオールダー・ビリーとして出演するのが、ダンサー・俳優として活躍する大貫勇輔だ。最近はドラマ『ルパンの娘』出演、アニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』(20年)主演声優としても話題を呼ぶ大貫だが、初演から同役を演じ、自身の仕事観も大きく変わったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.