くらし情報『綾野剛×舘ひろし、刺激を受ける相手の「歳は関係ない」それぞれの生き抜き方とは』

2021年1月30日 10:00

綾野剛×舘ひろし、刺激を受ける相手の「歳は関係ない」それぞれの生き抜き方とは

綾野剛×舘ひろし、刺激を受ける相手の「歳は関係ない」それぞれの生き抜き方とは

『新聞記者』で日本映画界のトップを走るひとりとなった藤井道人監督が、ひとりのヤクザの生きざまを20年にわたる3つの時代に分けて描く映画『ヤクザと家族 The Family』(公開中)。少年期に地元の親分から手を差し伸べられて親子の契りを結び、やがて時代に翻ろうされていく主人公・山本賢治を演じた綾野剛と、山本に生きる場所と家族を与えた柴咲組組長を演じた舘ひろしに単独取材。

「舘ひろしという漢(おとこ)に惚れました」という綾野と、「綾野くんは山本を生きていた。僕にはできないこと」と明かす舘が、忘れられないシーンを振り返った。

○■「親父に一生を捧げようと思った」(綾野)

――20年にわたる作品です。山本と、柴咲組長を演じるにあたって、それぞれ何を核にされましたか?

綾野:親父です。自分の核はそれしかないです。親父に救ってもらって泣く場面。あそこで惚れました。惚れたし、自分のことを認めてもらえ、生きていていいんだという権利を与えてもらった。それだけで生き続けられました。

――あのシーンの前と後で、山本は変わりましたね。

綾野:ギリギリ生きてきた人間で、何も楽しくないし、何のために生きているのか分からなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.