くらし情報『藤原令子、阿藤快さん悼む - 初主演で励まされた「絶対すごい女優になる」』

2015年11月16日 21:50

藤原令子、阿藤快さん悼む - 初主演で励まされた「絶対すごい女優になる」

藤原令子、阿藤快さん悼む - 初主演で励まされた「絶対すごい女優になる」
俳優の阿藤快さんの訃報を受け、初主演映画『シネマの天使』(公開中)で共演した女優・藤原令子が追悼のコメントを寄せた。

先月13日に都内で同作の完成披露試写会が行われ、阿藤さんのほか、藤原、本郷奏多、ミッキー・カーチス、時川英之監督が出席。藤原はその時を思い出し、「先日、映画の舞台挨拶でご一緒した時は、いつも通り元気なお姿でしたので、すごく驚いています」と正直な思いをつづった。

また、「映画の撮影の時も、いろんな場所に行ったことや、映画館の話などたくさんお話して頂き、本当に楽しかったです」と思いをはせ、「いつも私のことを絶対すごい女優になると仰って頂いていたのをスタッフの方からお聞きしていました。すごく嬉しく、励みになりました。その阿藤さんの言葉をしっかり叶えていけるよう、日々精進します。有難うございました。ご冥福をお祈りいたします」とコメントした。

藤原の初主演映画となる同作。1892年に開館、2014年8月に閉館した広島・福山の映画館「シネフク大黒座」を舞台に、藤原演じる同館の新入社員・明日香をはじめ、登場人物たちの閉館までの日々が描かれる。阿藤さんが演じた映写技師の大久保は、明日香に映画や劇場の魅力を伝える重要な役どころだった。

(C)2015 シネマの天使製作委員会

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.