くらし情報『羽鳥慎一、現役議員のクイズ参戦に「非常にリスキーな番組だと思います」』

2016年11月28日 19:00

羽鳥慎一、現役議員のクイズ参戦に「非常にリスキーな番組だと思います」

羽鳥慎一、現役議員のクイズ参戦に「非常にリスキーな番組だと思います」

現役の議員がクイズに挑戦するテレビ朝日の単発バラエティ番組『緊Q国会!世界の名案』が、12月3日(14:55~16:25)に放送される。

この番組は、日本でなかなか解決できない社会問題に対して、世界の国々で解決した"名案"を用いて解決しているのかを紹介していくもの。今回は、民進党の玉木雄一郎衆院議員、自民党の金子恵美衆院議員、都議会議員の音喜多駿氏が解答者となり、それぞれの答えについて、キャイ~ン天野ひろゆき眞鍋かをりと、スタジオ観覧の80人が、支持・不支持を表明する。

出題されるのは、出題されるのは、世界大学ランキングで上位を占めるアメリカの教育方法や、住みたい街の全米1位選ばれたオレゴン州・ポートランドでの地方活性化の方策など。自民党の石破茂前地方創生相が"ご意見番"として、解説を行う。

MCを務めるフリーアナウンサーの羽鳥慎一は、収録を終えて「石破さんが面白い方だということは存じ上げていたのですが、今回はより柔らかい部分、くだけた一面を披露してくださいました」と、新たな発見を得た様子。解答者の議員に対しては「『こんなことも知らないのか』と視聴者に思われかねないリスク。さらに"支持率"という最も気になる数字まで背負いながらクイズに答えなければならず、非常にリスキーな番組だったと思います」と心労を思いやっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.