くらし情報『編成部長に直撃! - テレ東、日曜激戦化に『モヤさま』危機感も視聴率上昇「地肩が強かった」』

2016年12月26日 07:00

編成部長に直撃! - テレ東、日曜激戦化に『モヤさま』危機感も視聴率上昇「地肩が強かった」

編成部長に直撃! - テレ東、日曜激戦化に『モヤさま』危機感も視聴率上昇「地肩が強かった」

●『家、ついて行って』12月に歴代最高視聴率
テレビ局が一斉に衣替えを行った秋の番組改編。10月からタイムシフト(録画)視聴率、それとリアルタイム視聴を加味した総合視聴率の計測もスタートし、新たな指標で視聴形態が浮き彫りとなっていた中、民放キー局の編成戦略を担う「編成部長」に、今回の改編の総括と今後の展望を語ってもらった。

今回登場するのは、テレビ東京。11月に本社を移転して「変わる」イメージを大きく打ち出した一方で、他局が新番組を一挙に投入した日曜19時台は「変えず」に迎え撃ったところ、結果として視聴率は上がり、視聴習慣の重要性を再認識したという――。

――秋の改編は、プライム帯の新バラエティ番組が金曜19時の『超かわいい映像連発!どうぶつピース!!』のみでしたね。

これは、現在放送しているレギュラー番組を伸ばしたいという意向です。1個1個すべての番組を見直して、番組を強化していく作業を地道にやっているというところ。だから大幅には変えていないんですけど、これ以上は無理かなというところを今回は変えて『どうぶつピース!!』を投入しました。視聴率はおかげさまで少しずつ上がっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.