くらし情報『山田涼介、完成後に自ら声を入れ直した『鋼の錬金術師』 ディーン・フジオカと振り返る作品への思い』

2017年12月5日 11:30

山田涼介、完成後に自ら声を入れ直した『鋼の錬金術師』 ディーン・フジオカと振り返る作品への思い

山田涼介、完成後に自ら声を入れ直した『鋼の錬金術師』 ディーン・フジオカと振り返る作品への思い

山田涼介の顔にFortuneを感じる
全世界でシリーズ累計発行部数7000万部を突破した、荒川弘による人気漫画『鋼の錬金術師』。亡き母を生き返らせようと、禁忌を犯して挑んだ”人体錬成"に失敗し、左脚と右腕を失った兄エド (山田)と、身体全部を持って行かれ鎧に魂を定着させた弟アルの物語を描く。

主役であるエドに焦点を当てた特集「映画『鋼の錬金術師』エドの精神」。今回はエド役の山田涼介と、マスタング大佐役のディーン・フジオカに話を聞く。アニメ版のエド役を務めた朴ロ美(ロは王編に路)は、同じ役を演じた山田も「魂を持ってかれたのではないか」と話していたが、山田は一体どのように考えていたのだろうか。

○互いに「漫画から出てきた人みたい」

――お二人は初の共演となりますが、お互いの印象はいかがでしたか?

山田:ディーンさんは、ミステリアスな部分をたくさんお持ちじゃないですか。本当にテレビで見るイメージだと、少女漫画から出てきた王子様。どこからどう見ても、もう男子目線から見てもかっこいいんだから、弱点を探したくなりました。

ディーン:ははは(笑)

山田:何が苦手なんだろうな? と(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.