くらし情報『櫻井翔、新名所のレッドカーペットで「外タレ気分」ファンに気配りも』

櫻井翔、新名所のレッドカーペットで「外タレ気分」ファンに気配りも

2018年4月4日 18:26
 

櫻井翔、新名所のレッドカーペットで「外タレ気分」ファンに気配りも

アイドルグループ・嵐の櫻井翔が4日、東京ミッドタウン日比谷で行われた主演映画『ラプラスの魔女』(2018年5月4日公開)の完成記念イベントに、広瀬すず福士蒼汰志田未来佐藤江梨子高嶋政伸三池崇史監督とともに登場した。

同作は小説家・東野圭吾のデビュー30周年記念作品で発行部数は28万部を突破し、原作権の獲得には12社が競合したという。連続しておきた不審死の調査を担当することになった地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井)は、謎の女・円華(広瀬すず)とともに行動をともにする。

3月29日にオープンしたばかりの東京ミッドタウン日比谷・ステップ広場に敷かれたレッドカーペットに登場した出演者陣。ファン1000人が集まったレッドカーペットを周り、櫻井は「外タレ気分。すごい高揚感でいっぱいです」とはにかんだ。

「登壇するまでお待ちいただいてすみませんでした、ありがとうございました」と、待っていたファンに気配りも見せた櫻井。東京ミッドタウン日比谷には興味を持っていたが「こんな形で、レッドカーペットを歩く形で来られるとは思っていなかったので、とても嬉しく思っているところです」と喜びを表した。

櫻井がマイクチェックしただけでも歓声が上がるほどの盛り上がりを見せた日比谷だが、同所がオープンしてから、映画のイベントが行われたのは今回が初だという。歓声の中で行われたイベントに、櫻井も最後まで観客に手を振り、何度も頭を下げる。最後にはちょこちょこと階段を上がるお茶目な姿に、温かい笑いも起こっていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.