くらし情報『阿部寛、濡れ場に照れ「恥ずかしい」- 鶴橋監督は「いい体」と絶賛』

2018年4月21日 21:53

阿部寛、濡れ場に照れ「恥ずかしい」- 鶴橋監督は「いい体」と絶賛

阿部寛、濡れ場に照れ「恥ずかしい」- 鶴橋監督は「いい体」と絶賛

沖縄県内で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」(19日~22日)で21日、映画『のみとり』(5月18日公開)の完成披露試写会が行われ、主演の阿部寛鶴橋康夫監督が登壇した。

同作は、小松重男の短編集『蚤とり』の人気エピソードを鶴橋監督自ら再構築。江戸時代の江戸を舞台に、越後長岡藩のエリート小林寛之進(阿部寛)が、たった一つの失言で左遷され猫の蚤とり業を行うことになるが、裏では女性に愛を届ける裏稼業に勤しむ、というストーリーだ。

上映後に登場した阿部は「ご覧になったということで、ちょっと恥ずかしいですね。濡れ場がありましたから」と照れ笑い。鶴橋監督は「どうだったですかね?」と観客に尋ね、拍手が起こると「うれしいです」と喜んだ。

阿部は30年前、事務所に入って2日後くらいに開催された食事会で、社長から「すごい監督が来ている」と鶴橋監督を紹介されたことを明かし、「大竹しのぶさんや奥田瑛二が来ていて、役者さんから信頼されて愛されて尊敬されている監督がそこにいて、『阿部も将来こういう監督の作品に出られたらいいな』と言われた」と当時を回顧。そして、「今回ガッツリやるのは初めて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.