くらし情報『志尊淳の"男気"に、イケメンたちも惚れ惚れ! 台本にない見せ場提案』

2018年11月3日 12:31

志尊淳の"男気"に、イケメンたちも惚れ惚れ! 台本にない見せ場提案

志尊淳の"男気"に、イケメンたちも惚れ惚れ! 台本にない見せ場提案

映画『走れ! T校バスケット部』(公開中)の初日舞台挨拶が3日に行われ、志尊淳佐野勇斗、早見あかり戸塚純貴佐藤寛太鈴木勝大、西銘駿、阿見201、古澤健監督が登場した。

同作は松崎洋による青春小説を実写映画化。中学時代、バスケットボール部キャプテンとして関東大会2位の実力を残した田所陽一(志尊)は、強豪私立に特待生入学するが、部内で激しいイジメにあい、自主退学する。都立多田野高校、通称T高に編入した陽一は、連戦連敗の弱小バスケに入部し、仲間とのバスケの楽しさを思い出していく。

イケメンが揃った舞台挨拶となったが、「1番男気があるのは?」という質問では、主演の志尊に票が集中。佐藤が「飯、おごってくれるんですよ」と言うと、「俺はお財布か!」と苦笑する。しかし鈴木が「1番練習時間が短いのに、バスケを頑張っている姿に男気を感じました」と語ると、「主役という立場として、男気を見せなければいけないと自負してる部分はあったかもしれませんね」と、照れながらも答えていた。

さらに、志尊の"男気"エピソードについて、古澤監督が「西銘が言った方がいいんじゃない?」と振ったが、西銘のピンときていない様子に、阿見が耳打ち。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.