くらし情報『生田斗真、弟役の中山優馬との共演で「本当の弟として可愛がっていきたい」』

2018年11月26日 19:00

生田斗真、弟役の中山優馬との共演で「本当の弟として可愛がっていきたい」

生田斗真、弟役の中山優馬との共演で「本当の弟として可愛がっていきたい」

2019年3月8日から公演される2019年劇団☆新感線39興行・春公演 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』の制作発表が26日、都内で行われ、主演の生田斗真をはじめ、りょう、中山優馬藤原さくら橋本さとしらが出席した。

劇団☆新感線の3年ぶりとなる劇団本公演は、旗揚げ39周年にあたるサンキュー興行を実施。同劇団の座付き作家・中島かずきによるゼロベースからの完全新作で、奥州を舞台に歴史上の人物・源義経の新たな伝説を描く。主人公の偽義経を演じるのが生田斗真。新感線の作品は4度目の出演で、2016年の『Vamp Bamboon Burn~ヴァン!バン!バーン!~』以来で、歌舞伎の新作に主演として臨むのは初めてとなる。

主演の生田は「2年前の作品でご一緒しましたが、その時に(演出家の)いのうえひでのりさんから『斗真で歌舞伎をやりたい』と言われたところからスタートしました。この2年間、客席をぐるぐる回している新感線の皆様と地方の都市をぐるぐる回るということで今からワクワクしています」と公演が待ち遠しい様子。そんな生田扮する偽義経の弟役として新感線初登場の中山は「自分に兄はいないので、兄貴が出来たことにうれしく思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.