くらし情報『神尾楓珠、“3Aパーカー”で語る『3年A組』 友人・萩原利久との縁』

2019年3月29日 12:00

神尾楓珠、“3Aパーカー”で語る『3年A組』 友人・萩原利久との縁

顔を覗き込まれて、結局声を掛けられないこともあります。

――芸能人として人気がある証拠ですよ! もともと憧れは?

憧れはありませんでした。ずっとサッカーをやってたんですけど、高校1年の時にサッカー部を退部して。このまま続けても先がないなと思ってしまったんです。それで辞めて、暇つぶし程度に何かしらやろうと思って、オーディションを受けました。

――ほとんどの人はそういう状況でも、芸能界は諦めて身近なことから始めそうですけど。

周りが芸能活動をやってなかったからやってみようと。自信も何もなくて、とりあえずやろう。そんな気持ちでした。

――芸能人になってどうしようと?

何も考えてなかったです。

――でも、オーディションを受けるといろいろ聞かれるんじゃないですか?
すみません。本当に遊び感覚で受けたので、何も覚えてないんです(笑)。それなりにちゃんとしたことは答えたと思います。

――通過の知らせは?

結構、すぐに。

――TGCの出演オファーとどちらがビックリしましたか?

TGCです。そちらの方が意外性が(笑)。

――その答えが意外性があります(笑)。所属が決まってから、何をやりたいと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.