くらし情報『乃木坂46齋藤飛鳥、センターで堂々! 白石麻衣“先生”の授業をパワーに』

2019年5月27日 00:29

乃木坂46齋藤飛鳥、センターで堂々! 白石麻衣“先生”の授業をパワーに

乃木坂46齋藤飛鳥、センターで堂々! 白石麻衣“先生”の授業をパワーに

アイドルグループ・乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」選抜メンバーが26日、神奈川・横浜アリーナでライブを開催した。

5月29日に発売する「Sing Out!」の発売を記念して、単独公演では約5年ぶりとなる横浜アリーナ3Days公演を24日より開催。初日はアンダー、2日目は4期生、そして最終日は選抜公演が行われた。

新曲「Sing Out!」で幕を開け、クラップを叩きながらメンバーが登場。バレエの動きを取り入れた優雅なダンスを披露し、センターの齋藤飛鳥はソロの見せ場で魅了した。そして、「何度目の青空か?」、「インフルエンサー」、「おいでシャンプー」、「裸足でSummer」と名曲・人気曲を披露。会場は序盤から盛り上がった。

最初のMCでは、齋藤が「今日はバッチリです。任せてください!」と強気発言。「昨日、白石麻衣さんの里見先生の魂の授業を聞いたので、今日はバッチリなんです。私のために開校された授業だから、ちゃんと受け取って力にして放出するんで頑張れます」と、25日に放送された日本テレビ系ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』の第6話で描かれた里見先生(白石)の“授業”からパワーをもらったと熱く語り、白石は「よかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.