くらし情報『山崎賢人がツンデレイケメン王子になりきり"壁ドン"で女性ファンを悩殺!』

2013年12月15日 16:00

山崎賢人がツンデレイケメン王子になりきり"壁ドン"で女性ファンを悩殺!

山崎賢人がツンデレイケメン王子になりきり"壁ドン"で女性ファンを悩殺!
渡辺あゆの人気コミックを、剛力彩芽主演で実写映画化した『L・DK』の公開記念のクリスマスイベント14日、東京・池袋サンシャインシティで開催され、剛力の相手役を務める山崎賢人と、主題歌を歌った人気ユニットHoney L Daysが登壇し、ライブやファン参加型のじゃんけん大会で会場を盛り上げた。

恋に奥手な女子高生・葵(剛力彩芽)と学校一のイケメン・久我山柊聖(山崎賢人)との刺激的な同居生活を描いたラブストーリー『L・DK』。まずは、本作の宣伝大使も務めることになったHoney L Daysが、映画の主題歌「君色デイズ」「まなざし」「涙のように好きと言えたら」を生ライブで披露し、観客のボルテージがアップ!その後、3人によるクロストークが行われた。

山崎は共演した剛力について「元気で明るくて良いですね。剛力さんがいるだけで現場が明るくなるすごい人です」と褒め称えると、すでに映画を見たというHoney L DaysのKYOHEIも「剛力さんと賢人さんの距離感が絶妙でした」と感想を述べた。

その後、山崎が、演じたツンデレイケメン王子"久我山柊聖"になりきり、じゃんけん大会で勝ち抜いた女性ファン3人に悩殺台詞を耳元でささやく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.