くらし情報『超高齢化社会に向けて、”予防フィットネス”で高齢者の健康維持をサポート』

2012年7月2日 18:34

超高齢化社会に向けて、”予防フィットネス”で高齢者の健康維持をサポート

超高齢化社会に向けて、”予防フィットネス”で高齢者の健康維持をサポート
6月30日、都内のイイノホールでCJNによる設立記念チャリティフォーラムが行われ、同社の実施する”グランドジェネレーション”向け「予防医療」発想の新フィットネスクラブ事業が発表された。

グランドジェネレーションとは「シニア世代」に変わる言葉として、脚本家で放送作家の小山薫堂(こやまくんどう)氏が提唱しはじめたもので、この世代が人生の中で「グランド=最上級」だという考えに基づいている。

同社は、会長を務める小西正行氏が1997年に設立したスペースアップからはじまった。

2011年に社名をCONY JAPANに変更し、同年5月に新規事業本部を発足。

福祉事業として、予防介護に特化したリハビリデイサービスの運営を開始した。

7年前から、老人ホームをやりたい・デイサービスをやりたい・福祉をやりたいという志はあり、それ形にしたのがCJNだという。

「2011年9月に機能回復型訓練型リハビリサービス1号店を大阪にオープンしました。

40年後には日本人の4割が高齢者になる時代が来るというデータがあります、一人が一人の高齢者を支える時代が来るのです。

社会保障給付費は、2025年には介護に必要な額は20兆円に達します」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.