くらし情報『【エンタメCOBS】雪山で遭難したら?国立登山研修所に聞いてみた!』

2013年3月3日 14:00

【エンタメCOBS】雪山で遭難したら?国立登山研修所に聞いてみた!

【エンタメCOBS】雪山で遭難したら?国立登山研修所に聞いてみた!
この時期は雪山のハイキングで遭難する人が多いそうです。では、実際に遭難してしまった場合は、どうすればいいのでしょうか?遭難救助研修などを行っている、日本スポーツ振興センターの国立登山研修所にお話を伺いました。

■雪山では自分がどこにいるのか把握することが大事

――この時期、雪のハイキングを楽しむ人が多くいますが、こうした雪山の登山で遭難しないようにするには、どんなことに注意しないといけないのでしょうか?

雪の山は夏の山と異なり、雪がすべてを隠しています。道はもちろん、道しるべや目印の赤いテープなども雪に覆われて、認識が難しくなります。地図を頼りに自分の進むべき方向と自分がどこにいるのか正確に把握できるナビゲーション能力が不可欠です。

休日ともなれば人の歩いた跡があることもありますが、むやみに足跡をたどれば、分岐点で自分の行きたい方向と異なる道に進んでしまい、目的地にたどりつけないことも十分にあります。

――ほかの人がそっちの方に進んでいるから、と安易に同じ道をたどるのは危険なのですね。

不幸な遭難事例に、初心者が登りやすい山に行くつもりが、180度反対の踏み跡をたどってしまい、ピッケル・アイゼンを駆使する尾根に踏み込んで滑落したという事例があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.