くらし情報『『セシルのもくろみ』第8話あらすじ - 自分の幸せは自分で決める』

2017年9月1日 08:30

『セシルのもくろみ』第8話あらすじ - 自分の幸せは自分で決める

『セシルのもくろみ』第7話のレビュー・あらすじ

■『セシルのもくろみ』第8話のあらすじ(ネタバレあり)

奈央(真木よう子)は『ヴァニティ』の新しいカバーモデルとなった舞子(長谷川京子)のお披露目を兼ねたトークショーで、モデルを辞めようとした理由を問われた。

目次

・『セシルのもくろみ』第8話のあらすじ(ネタバレあり)
・『セシルのもくろみ』第8話の感想
・『セシルのもくろみ』作品概要
・『セシルのもくろみ』キャスト


奈央は「モデル“なんか”より大事なものがあると気づいた」と発言し、この失言にファンはざわつく。

舞子が助けを出し、その場はなんとか収まったが、今度はレイナ(芦名星)が妊娠と『ヴァニティ』の卒業を発表し、ファンのみならず何も知らなかった編集部も驚いた。

トークショーを終えたあと、奈央は江里(伊藤歩)から編集長の南城(リリー・フランキー)の異動と、由華子(吉瀬美智子)がカバーモデルになる予定だった新雑誌創刊の話がなくなったことを聞かされた。

一方『ヴァニティ』編集部は、雑誌の方向性をこれまでの共感路線ではなく、もっとハイクラスなものにしようと新編集長の平林(石田佳央)が話す。これには舞子の意向が大きく関わっているらしいと編集部員たちは判断した。

そんなある日、奈央は古書店でとてもおしゃれな老婦人を見かける。奈央は印象に残ったその老婦人のことをトモ(徳井義実

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.