くらし情報『『フリンジマン』第4話あらすじ - 「悪い男」になれない男』

2017年10月29日 10:30

『フリンジマン』第4話あらすじ - 「悪い男」になれない男

『フリンジマン』第3話のレビュー・あらすじ

■『フリンジマン』第4話のあらすじ(ネタバレあり)

田斉(大東駿介)は詠美(筧美和子)から「元カレと完全に終わった」との報告を受けた。

これで元カレのフリをする必要はなくなったが、なんとしても詠美との関係を終わらせたくない田斉は、井伏(板尾創路)に連絡をとり、本当のデートに誘う方法を尋ねる。

田斉の本気を感じ取った井伏はすぐにアドバイスをし、田斉は無事に詠美とデートの約束を取り付けることができた。

社内での秘密のやりとりや本屋での待ち合わせなどを経て、「これが本当のデートだ!」と心をはずませる田斉。詠美との何気ないやりとりを楽しむのだった。

一方、坂田(森田甘路)は詠美の元カレと一緒に写っていた女性を職場で発見する。坂田の手にしたAVのパッケージに写っているのがまさにその女性。彼女はAV女優だった。

田斉は坂田から話を聞き、そのAV女優の情報を社内のパソコンで見ていたところ、詠美に画面を覗き込まれてしまう。

慌てる田斉に詠美は、神妙な面持ちで「話がある」と言い出し――。

そのころ坂田は、AV女優と詠美の身体的な共通点を見つける。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.