くらし情報『趣里と菅田将暉が現代の若者たちを演じたラブストーリー『生きてるだけで、愛。』をチェック』

2018年11月10日 09:00

趣里と菅田将暉が現代の若者たちを演じたラブストーリー『生きてるだけで、愛。』をチェック

◼︎本谷有希子の同名原作が映画化!

DRESS読者のみなさん、こんにちは。

今回みなさんにご紹介したいのは、劇作家・小説家の本谷有希子の同名原作を映画化した『生きてるだけで、愛。』です。

目次

・◼︎本谷有希子の同名原作が映画化!
・◼︎『生きてるだけで、愛。』のストーリー
・◼︎主演ふたりの熱演に注目
・◼︎寧子と津奈木、恋の行方は――。
・◼︎『生きてるだけで、愛。』公開情報


2016年に小説「異類婚姻譚」で第154回芥川賞受を賞した本谷有希子が、2006年に発表した『生きてるだけで、愛』は、第135回芥川賞候補に、のちに単行本が第20回三島由紀夫賞候補にもなりました。

本作のヒロイン・寧子は過剰な自意識に振り回されて、自分自身すらコントロールできず、現実との折り合いがうまくつけられない女性。

映画では、寧子の彼氏・津奈木のキャラクターを独自に膨らませ、他者とのつながりを求める現代の若者たちの姿をエモーショナルに映し出します。

poster

◼︎『生きてるだけで、愛。』のストーリー

寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)は同棲して3年になる恋人同士。

メンタルに問題を抱え、鬱状態にある寧子は、バイトも満足に続かない。おまけに過眠症で、津奈木の買って帰ってくるお弁当を食べる以外は、敷きっぱなしの布団の上で寝てばかりの生活をしているのだった。

一方の津奈木も、文学に憧れて出版社に入ったものの、週刊誌の編集部でゴシップ記事ばかりを任されることにやりがいを感じられず、職場での人間関係にも行き詰まっていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.