くらし情報『映画『ナポリの隣人』感想。幸せの行方を問いかける味わい深いヒューマンドラマ!』

2019年1月31日 15:00

映画『ナポリの隣人』感想。幸せの行方を問いかける味わい深いヒューマンドラマ!

という言葉が印象的です。

主演のレナート・カルペンティエーリは、本作でイタリアのアカデミー賞と呼ばれるダビッド・デ・ドナテッロ賞、イタリアゴールデングローブ賞、ナストロ・ダルジェント賞というイタリアの主要映画賞で三冠を達成。

どうぞこの機会に映画館でお楽しみください!

■映画『ナポリの隣人』あらすじー南イタリア・ナポリを舞台に

%e3%83%8a%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%81%ae%e9%9a%a3%e4%ba%ba %e3%82%ad%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88


南イタリア、ナポリ。

かつて家族と暮らしたアパートに、ひとりで暮らす元弁護士のロレンツォ(レナート・カルペンティエーリ)。

誠実な人柄でしたが、不正な裁判を多く行ったため悪名高き弁護士と言われ、いまは引退しています。

妻は数年前に亡くなり、家族はアラビア語の法廷通訳をするシングルマザーの娘エレナ(ジョヴァンナ・メッゾジョルノ)と、クラブの経営難で度々金をせびりに来る息子サヴェリオ(アルトゥーロ・ムセッリ)。

しかし関係は悪く、最近はロレンツォが暮らすアパートの権利問題で揉めています。エレナは、母の死の原因が父の裏切りによるものと信じ、ずっと許せずにいました。

%e3%83%8a%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%81%ae%e9%9a%a3%e4%ba%ba sub1


ある日、ロレンツォは、向かいの部屋の前に座り込む女性ミケーラ(ミカエラ・ラマッツォッティ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.