母の日にお祝いがあるかないかは、夫が〇〇に興味があるかに関わっているって知ってた?【パパママの本音調査】 Vol.96

2017年5月18日 11:00
 

サトウヨシコ ライター
サトウヨシコ

© Monet - Fotolia.com


5月14日の日曜日は母の日でしたが、あなたはどんなふうに過ごましたか? 幼稚園や保育園では手作りの工作を作ってくれることも多いかと思いますが、小学生以降になると子どもたちも母の日にプレゼントをする派としない派に分かれるようです。

Q.母の日、どうだった?
1.満足 37.0%
2.どちらかと言えば満足  20.1%
3.どちらかと言えば満足ではない  9.5%
4.満足ではない  17.7%
5.わからない・どちらとも言えない  15.6%


満足とどちらかと言えば満足を合わせると57.1%。半分以上のママたちが概ね満足しているという結果になりました。年に1度でも感謝の気持ちをあらわしてもらえると、毎日の疲れも消え去りますね。

■ママ感動!母の日のプレゼントは何でもうれしい

母の日の定番といえばカーネーションですが、お花以外にもケーキやスイーツもうれしいとコメントをしてくれたママたち。金額ではなく、感謝の気持ちがあるだけで感激なんです。パパ以上にサプライズが上手な子どもたちに拍手!

「長女がバイト先で予約していたケーキを持って帰宅。ママいつもありがとうと言って渡してくれた。バイトで稼いだお金で感動しました」(神奈川県 30代女性)

「小学3年生の娘が、ためていたおこづかいでカーネーションとクマの壁かけと手紙をくれました。主人から、何日も前から買いに行く日にちを相談していたと聞いて、すごくうれしかったです」(千葉県 40代女性)

「中1の息子が自分のおこづかいからチョコレートを買ってきて『いつもありがとう』と渡してくれました。本人は金額を気にしていたけれど、心づかいがうれしかった」(神奈川県 40代女性)

「仕事から帰ってきたら、カーネーション風に包んだものの中に大好きなお菓子がいっぱい入っていました。めっちゃよろこんでしまいました」(千葉県 40代女性)


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.