くらし情報『ラフォーレマーケット第6弾は“クリスマス”がテーマ! アートから子供服、フードまで約40のショップが出展』

2018年12月12日 10:00

ラフォーレマーケット第6弾は“クリスマス”がテーマ! アートから子供服、フードまで約40のショップが出展

スイス大使館とスイス政府観光局の協力で、スイスデザインのインテリア雑貨を販売する「SWISS DESIGN XMAS MARKET」や、本場スイスのクリスマスマーケットでも定番のラクレットやホットチョコレートを販売する「holiday」のブースが登場。スイスでミルクチョコレートを最初に発明した老舗、「カイエ」のチョコレートを使用したホットチョコレートを片手に、アルプスの国・スイスの美しい雪景色とロマンチックなクリスマスを想像しながら、スイスカルチャーを体験することができる。

ラフォーレマーケット第6弾は“クリスマス”がテーマ! アートから子供服、フードまで約40のショップが出展
UNICOM
ファッションでは、UNICOMが、スペインの子供服・BOBO CHOSESをメインに、フランスの子供服・bakkermadewithlove、アメリカのキッズ用タイツ・Hansel From Baselなど、ベビー・子供服の人気ブランドのサンプル商品を、均一特別価格で限定販売。その他にA SHOP、EGGMANIA、EPICHOLIDAE、inA&Crème、mannine、PALAVA、Swell Vintageと、大人から子ども、また親子で楽しめるブランドやショップが出展する。

アクセサリーでは、海外で買い付けてきた日本にはないどこか自由気ままなアイテムを中心に展開するamplis、“大人の女性の遊び心”をコンセプトに、真鍮ワイヤーや紙から出来た色鮮やかな花々でアクセサリーを制作するMADE BY NAO、MAN MADE WORKS、NaAstが出展。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.