くらし情報『映画『ジョジョ・ラビット』第二次世界大戦下、タイカ・ワイティティが描くヒューマン・エンターテイメント』

2019年9月20日 13:45

映画『ジョジョ・ラビット』第二次世界大戦下、タイカ・ワイティティが描くヒューマン・エンターテイメント

映画『ジョジョ・ラビット』第二次世界大戦下、タイカ・ワイティティが描くヒューマン・エンターテイメント

映画『ジョジョ・ラビット』が、2020年1月17日(金)に全国公開。監督は、マーベル映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手掛けたタイカ・ワイティティ。

第二次世界大戦下を舞台にしたヒューマン・エンターテイメント
映画『ジョジョ・ラビット』は、第二次世界大戦下のドイツを舞台に、ハートフルなコメディを交えながら、戦時下における人々の生きる喜びを正面から捉えたヒューマン・エンターテイメント。戦時下の訓練でウサギを殺すことができず“ジョジョ・ラビット”とからかわれてしまう主人公の少年・ジョジョが、空想の友達である“アドルフ・ヒトラー”の助けを借りながら、青少年集団の中で立派な兵士になろうと奮闘する姿を描き出す。

キャスト主人公に、映画初出演のローマン・グリフィン・デイビス
主人公のジョジョを演じるのは、本作が初主演となるローマン・グリフィン・デイビス。その愛らしいルックスはもちろん、オーディションで勝ち抜いたという、確かな演技力に注目だ。

スカーレット・ヨハンソン、タイカ・ワイティティも出演
またジョジョの母親役は、『アベンジャーズ』シリーズでお馴染みのスカーレット・ヨハンソン。空想の友人 アドルフ・ヒトラー役は、タイカ・ワイティティ監督自らが務める。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.