くらし情報『【連載小説】理想じゃない恋のはじめ方。(最終話)』

2021年9月24日 18:00

【連載小説】理想じゃない恋のはじめ方。(最終話)

お互い様と言えばお互い様だけど、むかつく!大和に会えて嬉しいはずなのに、その顔を見たら無性に腹が立ってきた。

「キク先生、ごめんね。ちょっと、大和を借りる」

「どうぞどうぞ~」

「大和、ちょっといい?」

病棟を出て少し歩くと、手入れの行き届いた中庭に着いた。人が少なくて話をするのにちょうどいい。でも、何から話そう? 怒りに任せて呼び出したけど、色んな感情が渦巻いていて整理できない。

私の後ろをずっと付いてきている大和も、何も言おうとしない。何か言ってくれたら、話しやすいのに。――――と、

「……会いたかった」

不意に後ろから抱きしめられた。

「大和、」

「すっごく会いたかった」

耳元で大和の優しい声がする。背中から伝わる体温が心地良い。それだけで、十分だった。

「私も大和に会いたかった」

「本当?」

「当たり前でしょ、好きなんだから」

「え?」

「大和のことが好きなの」

抱きしめられている腕が緩んだので、体を回転させて大和と向い合う。すると、大和は泣きそうな顔をしていた。

「ごめんね、気付くのが遅くて」

「いや……夢じゃないよね? これ」

「頬を捻ろうか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.