くらし情報『【連載小説】理想じゃない恋のはじめ方。(最終話)』

2021年9月24日 18:00

【連載小説】理想じゃない恋のはじめ方。(最終話)

「やめてよ、しおちゃん地味に力強いか、ら……」

大和の頬を両手をはさむ。それから、唇に触れるだけのキスをした。

「夢じゃないでしょ」

「今の……」

耳を赤くする大和が可愛い。

「もう1回しとく?」

「待って」

「だめ?」

「そうじゃなくて、」

大和はそこで、一呼吸をつき、

「俺からする」

私の髪の毛をそっと撫でてから、ゆっくり唇を重ねた。



仲直り

仲直り


https://www.shutterstock.com/

中庭には石のテーブルと木製のベンチがあり、私たちはベンチに2人肩を並べて座った。鱗雲が浮かぶ青い空と、イチョウの黄色がキレイ。

「ごめんね、大変な時に1人にして。あと、この前はキツイことを言って、ごめんなさい」

「俺の方こそ、意地張ってごめん」

「ずっと考えてたんだけど、今の私にとって大和が1番だと気付いたの。だから、出張も断っちゃった」

明るい声で言ったのに、大和はまた泣きそうな顔をした。

「自分でも情けないよ。仕事の足を引っ張るようなことをして」

「違うよ、私がそうしたいって思ったからなの」

「しおちゃんの出張が終わったら、迎えに行くつもりだったんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.