くらし情報『【恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜 第2話】 「あなたには分からない」そう言われて森生が取った行動は…?』

2021年10月17日 12:42

【恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜 第2話】 「あなたには分からない」そう言われて森生が取った行動は…?

なんて思って笑っていたのも束の間。

着実に親密さを増していた二人の間に、亀裂が生じる出来事が起きるのです。

あなたには分からない

二人の間に亀裂を生じさせたのは、森生に恋心を寄せる幼馴染・ハチ子(生見愛瑠)。

彼女はヤキモチから、ユキコに心ない言葉を浴びせます。

「森生は困ってる人を放っておけないタチだからユキコの事も放っておけない」と話し、「私も白杖を持ちたい」などと軽率な発言をして、ユキコの逆鱗に触れてしまいました。

ハチ子の言葉に傷ついたユキコは、自分に優しく接する森生に「私の気持ちなんて分かるわけない」と言って突き放し、それ以降、彼と会うのを避けるようになります。

ユキコにとって白杖を持つことは「自分は障害者だ」と認めることであり、辛い覚悟を強いられることでした。

ユキコの相棒である白杖に、そんな意味と覚悟があったとは。失言をしてしまったハチ子にも、おそらく森生にも、想像できなかったことでしょう。

もちろん筆者も衝撃を受けました。言われて初めて「そうか」と気が付けることであり、経験した人にしか分からない、まさに「あなたには分からない」本音であると言えます。

【恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜 第2話】 「あなたには分からない」そう言われて森生が取った行動は…?

※写真はイメージ

ユキコから突き放された森生は、ユキコの姉・イズミ(奈緒)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.