くらし情報『【妻、小学生になる。第10話 感想】『つま、しょー』が視聴者に伝えたメッセージ・ネタバレ』

2022年3月31日 18:56

【妻、小学生になる。第10話 感想】『つま、しょー』が視聴者に伝えたメッセージ・ネタバレ

目次

・貴恵と過ごす最期の1日
・『妻、小学生になる。』最終話で、にくい演出
・圭介たちから貴恵への『プレゼント』
・本当の『永遠の別れ』の瞬間、3人が交わした言葉は…
・『妻、小学生になる。』が伝えてくれた大切なメッセージ
【妻、小学生になる。第10話 感想】『つま、しょー』が視聴者に伝えたメッセージ・ネタバレ

Twitterで人気ドラマの感想をつづり注目を集める、まっち棒(@ma_dr__817125)さんのドラマコラム。

2022年1月スタートのテレビドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

家族にもう一度会いたい。そう思いながら消えてしまった貴恵(石田ゆり子)に訪れたのは、万理華(毎田暖乃)がもたらす、再びの奇跡だった。

「あんな別れ方、あなたらしくない。会っておいでよ」

千嘉(吉田羊)は貴恵を抱きしめる。今二人の間に紡がれるのは、この奇跡がもたらした確かな友情だ。

万理華と千嘉がくれた1日。ついに最終話、貴恵は愛する家族のもとへ再び駆け出していく。

【妻、小学生になる。第10話 感想】『つま、しょー』が視聴者に伝えたメッセージ・ネタバレ

「これからは、なくしたものじゃなく、ママがくれたものを見つめて、生きていかないか?」

貴恵が亡くなって10年目の結婚記念日。

圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)が迎えるいつも通りの朝に、チャイムは鳴った。あの日、死んだはずの貴恵が、小学生の姿で帰ってきた朝と同じように。

「今日で最後、楽しくさよならしましょう」

貴恵と過ごす最期の1日

貴恵と過ごす最期の1日が始まる。

早速、麻衣の春服を買いに三人でお出かけ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.