くらし情報『「これは目から鱗!」「絶対真似します」 ケーキにロウが垂れてこない方法がすごい』

「これは目から鱗!」「絶対真似します」 ケーキにロウが垂れてこない方法がすごい

※写真はイメージ

誕生日や記念日など、毎年特別な日に食べるものといえばケーキ。年齢の数だけロウソクを立ててお祝いすることも多いですよね。

そんな幸せなムードのなか、ある現象ばかりに目がいってしまう人もいるのではないでしょうか。それが、垂れてくる「ロウ」。

ロウソクに火をつけたのはいいものの、せっかくのケーキにロウが垂れてきて「ケーキにつかないだろうか…」と心配する人もいるはず。

そこで、ロウソクのロウが垂れにくくなる裏技をご紹介します。火をつける前に、あるところに入れておくだけでロウの減りが遅くなるのです。

火をつけるまで冷凍庫へ!冷やすだけでロウソクの減りがゆっくりに

普通ケーキにさすロウソクは、キッチンの引き出しや戸棚などに保管していますよね。
そこから取り出し、ケーキにさして火をつけるのが一般的ではないでしょうか。

しかし、ロウソクのロウをなるべく垂らさないようにするためには、常温だとNG。実は火をつける直前まで冷凍庫で保管しておくと、垂れにくくなるのです!

「これは目から鱗!」「絶対真似します」 ケーキにロウが垂れてこない方法がすごい

実際に、冷凍庫に保管したロウソクに火をつけてみると、確かに垂れにくくなっていました。


「これは目から鱗!」「絶対真似します」 ケーキにロウが垂れてこない方法がすごい

「ハッピーバースデートゥーユー」の歌は、だいたい16秒前後。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.