くらし情報『ブロッコリーの茎にあった『謎の穴』 農家の呼びかけに「そうだったの!?」「初めて知った」』

ブロッコリーの茎にあった『謎の穴』 農家の呼びかけに「そうだったの!?」「初めて知った」

ブロッコリーの茎にあった『謎の穴』 農家の呼びかけに「そうだったの!?」「初めて知った」

サラダや副菜に大活躍する野菜の1つ、ブロッコリー。

つぼみの部分はもちろん、茎などもおいしく食べられるのが嬉しい食材ですよね。

スーパーマーケットなどでブロッコリーを購入して、いざ調理しようという時に、こんなことに気付いた経験はありませんか。


「あれ?茎に穴があいている…」

ブロッコリーの茎にあった『謎の穴』 農家の呼びかけに「そうだったの!?」「初めて知った」

ブロッコリーをひっくり返すと、まれに茎に空洞があることがあります。

病気や虫食いによってあいた穴なのではないかと、不安になって取り除いた経験がある人もいるかもしれません。

一体、この穴の正体はなんなのでしょうか。

ブロッコリーなどの野菜を栽培している、有限会社安井ファームのTwitterアカウント(@yasuifarm)で、担当者がこの穴について解説していました。

ブロッコリーの茎にあいた『謎の穴』の正体とは

担当者によると、ブロッコリーは急激に成長すると、茎の成長が追い付かなくなり、穴があくことがあるといいます。

『花茎空洞症』と呼ばれ、病気などではないので、食べても問題はないそう!

変色が気になる場合は、多少茶色くなっている程度であれば、そこだけ取り除いて食べるといいようです。

もし今まで、気になって穴がある茎を捨てていたという人がいたら、次からは安心して食べることができますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.