くらし情報『持ち帰りの行列に耐えきれず、店内で騒いだ子供 優しく話しかけてきたのは?』

2020年4月6日 17:49

持ち帰りの行列に耐えきれず、店内で騒いだ子供 優しく話しかけてきたのは?

持ち帰りの行列に耐えきれず、店内で騒いだ子供 優しく話しかけてきたのは?

2020年3月29日、新型コロナウイルス感染症による肺炎で亡くなった、志村けんさん。

逝去した後も、志村さんが遺したさまざまなエピソードが明かされ、人々の心を震わせています。

「人柄もいい」「そんなの泣く」生前、志村けんが相葉雅紀に伝えた言葉に反響

志村けんのひと言が「カッコよかった…忘れません」若手の頃、かけてもらった言葉に感謝

小説家の高橋源一郎さんも、志村さんのエピソードをTwitterに投稿。感動の声が寄せられています。

志村けんが焼き鳥店で行った『粋な計らい』

高橋さん家族が麻布十番に住んでいた当時、保育園児だった子供たちが好きな『あべちゃん』という焼き鳥店があったそうです。

商品を購入するため、妻は子供たちを連れて焼き鳥店へ。しかし、店内が混雑していた影響で、テイクアウトに長い列ができていました。

一向に進まない列に我慢できなくなった子供たちは、妻が目を離した隙に店内へ入り、大声を出してしまったそうです。

すると、座っていた客の1人が、子供たちに優しく話しかけました。

「どうしたの?」

そう尋ねたのは、志村さんでした!

「いつまで経っても焼き鳥がもらえない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.