くらし情報『山火事の現場で消防隊員が迷い犬を保護 その後、無事に飼い主と再会する』

2020年8月12日 13:23

山火事の現場で消防隊員が迷い犬を保護 その後、無事に飼い主と再会する

ocfirefighters

2020年7月31日、アメリカ・カリフォルニア州のリバーサイド郡で大規模な山火事『アップルファイア』が発生しました。

火事は発生から8日後も燃え続けていて、消防隊員による懸命な消火活動が行われています。

その『アップルファイア』の火災現場で、消防隊員が1匹の迷い犬を発見しました。

隊員たちは疲れ切ったように見えるその犬を保護して、水と、自分が食べるつもりだったサンドイッチをあげたそうです。


映像を見るとすぐ近くで火の手が上がっているのが確認できます。犬はきっと怖かったことでしょう。

この後、犬は隊員に抱きかかえられて山を下り、動物保護施設に預けられました。そして無事に飼い主と再会することができました!

海外メディア『NBC Los Angeles』によると、この犬はバックという名前で、山火事が発生中に野生のコヨーテを追いかけて行ったまま、帰ってこなかったのだそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.