くらし情報『宇宙の時の流れの一雫にも満たない時間を生きる命の重さを、しみじみと思う』

2020年10月25日 10:00

宇宙の時の流れの一雫にも満たない時間を生きる命の重さを、しみじみと思う

目次

・吉元由美の『ひと・もの・こと』
・星空の片隅で
宇宙の時の流れの一雫にも満たない時間を生きる命の重さを、しみじみと思う

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

星空の片隅で

1日の長さは、1年に0.000017秒ずつ伸びている。月は1年に3.8㎝ずつ地球から遠ざかっている…ということを、多くの人は知っているのだろうか…。

と、冒頭から疑問を投げてしまいましたが、0.000017秒など感じられない時間とは言え、私が(これが1年)と思っている長さが不変のものでなかったのは、結構な衝撃でした。

物理学者の全卓樹は著書『銀河の片隅で科学夜話』(朝日出版)の中で、1日の時間が延びるのは、毎日の潮の満ち引きのときに海水と海底の摩擦が起こり、これが地球の自転を遅らせている原因だとつづっています。

宇宙の時の流れの一雫にも満たない時間を生きる命の重さを、しみじみと思う

そして月はその反作用で地球から遠ざかる…そして500億年後、1日は45日ほどの長さになるらしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.