くらし情報『2020年の流行語大賞は『3密』に決定 「厄災の中にあっても、日本語はその特性を発揮した」』

2020年12月1日 15:06

2020年の流行語大賞は『3密』に決定 「厄災の中にあっても、日本語はその特性を発揮した」

2020年の流行語大賞は『3密』に決定 「厄災の中にあっても、日本語はその特性を発揮した」

2020年12月1日、その年話題になった言葉を選ぶ『現代用語の基礎知識選2020ユーキャン新語・流行語大賞』が発表されました。

同年は、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染予防を目的とする標語「密閉・密集・密接」を指す、『3密』が年間大賞に選ばれています。

ユーキャンによると、受賞の理由は次の通り。

厚生労働省などが呼びかけた新型コロナウイルスの感染防止を目的とする新概念、新習慣、「3密」は当初広がりを見せなかった。

そんな折、東京都の小池百合子知事が殺到する報道陣に〝密です〟を連呼したことが報じられると、ネット上で話題となり、ツイッターには発言を題材にした投稿が相次いだ。

個人開発によるゲームも登場し、ゲーム紹介動画は1週間で830万回以上再生されたという。選考委員の一人、言語学者の金田一秀穂氏は、「〝3密〟は健気な日本語である。結婚の条件としての〝3高〟。大変な肉体労働を表す〝3K〟。いくつかある大切な項目をまとめる言い方が日本語にはあって、得意技ともいえる。

この悲劇的厄災の中にあっても、日本語はその特性を発揮して注意すべき心得をまとめて表し、予防を喚起した」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.