くらし情報『日仏友好160周年にふさわしいスイーツを考案♪(辻仁成「ムスコ飯」エッセイ)』

2018年8月7日 17:00

日仏友好160周年にふさわしいスイーツを考案♪(辻仁成「ムスコ飯」エッセイ)

日仏友好160周年にふさわしいスイーツを考案♪(辻仁成「ムスコ飯」エッセイ)


今年は日仏友好160周年。「ジャポニズム2018」と呼ばれるイベントが来年の2月くらいまでパリの各地で繰り返し催されます。日本では香取慎吾さんの個展が話題になっていますね。パリ中が日本ムードで満開になるということで、在仏16年目になる私ももちろん参加いたします。

まず、8月22日から28日まで、ルーブル美術館に併設のカルーゼル・デュ・ルーブルで開催されますSHIPS’ CAT展(タイトル未定)、こちらは京都市とパリ市の友好60周年にも関連する展覧会でして、日本を代表する和紙作家の堀木エリ子さんと巨大な猫のオブジェで有名な現代作家ヤノベケンジ氏が出品されます。

22日には『情熱大陸』でもおなじみのウィーン在住ソプラノ歌手田中彩子さんの、そして23日には世界的に活躍するパリ在住ピアニスト広瀬悦子さんのミニコンサートも開催されます。私はこのコンサートを企画しました。堀木さんの和紙アート、ヤノベさんの猫アートに囲まれた不思議空間で、日本を代表するクラシックの名演奏、これは見逃せません。

そして秋には、パリ日本文化会館の大ホールでブラジル系フランス人のミュージシャンたちをバックに辻仁成の単独コンサートをやらせて頂きます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.