くらし情報『真宗大谷派の尼僧姉妹 DV夫から離れ“命にめざめた”瞬間』

2019年6月15日 16:00

真宗大谷派の尼僧姉妹 DV夫から離れ“命にめざめた”瞬間

真宗大谷派の尼僧姉妹 DV夫から離れ“命にめざめた”瞬間


「蚊取り線香を使ったことある方いらっしゃいますか?1回でも殺生したら“等活地獄”に落ちます!でもご安心ください。仏教には“功徳”というのがあって、よい行いをすれば、成仏できるんです」

登壇者のひとりである真言宗豊山派・東光寺(栃木県)副住職の市村直哉さん(40)が、軽快な口調でそう話すと、満席の会場からドッと笑いが起きた――。

6月2日、須磨寺(神戸市須磨区)で開催された「H1法話グランプリ」(以下、H1)。H1では宗派を超えて自薦、他薦で募った7組8人のお坊さんが参加し、持ち時間10分の中で、それぞれが趣向を凝らした法話を披露。それを聞いた観客と審査員が、1人3票ずつ投票。もっとも票が集まったお坊さんがグランプリとなる、まさに法話のコンテストだ。

大会当日、会場は満席。400枚のチケットは2日で売り切れたという。

市村さんが会場を笑いの渦に包んだかと思えば、最年少出場者の天台宗・正明寺(兵庫県)副住職の小林恵俊さん(28)は、自分の妻の話を披露。『妻は寺のPRのために、寺社内にぬいぐるみを置いて、その写真をインスタグラムにあげているんです』というゆる~いエピソードに、聞いているみなさんは思わずほっこり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.