くらし情報『女優・篠原ゆき子 “騒音おばさん事件”題材映画に出演』

2020年5月25日 06:00

女優・篠原ゆき子 “騒音おばさん事件”題材映画に出演

女優・篠原ゆき子 “騒音おばさん事件”題材映画に出演


「ベランダ越しに隣人・美和子(大高洋子)とケンカをするシーンは楽しかったです。撮影を見に来ていたおいっ子にはドン引きされましたけど(笑)」

’02〜’05年におきた“騒音おばさん事件”が題材になった、映画『ミセス・ノイズィ』(近日公開)。篠原ゆき子(39)は、隣人による騒音と嫌がらせに悩まされる小説家・真紀を演じた。

「小説家 vs. 隣人の争いがどんどん大事件に発展していくんです。今回演じた真紀は仕事に集中するあまり、周りが見えなくなって迷惑をかけてしまう性質なんですけど。家族がこの映画を見て、私が真紀そのものだねって言うんですよ。そこまで自己中じゃないと思うんですけど……(笑)」(篠原・以下同)

敵対する役の大高とは撮影中、距離をとるように心がけた。

「ふだんはすごく仲がいいんですけど、なるべく話さないようにしてました。休憩中も離れたところにいると(娘役の)新津ちせちゃんが両方にチョロチョロって来て、場を和ませてくれてましたね」

憑依したような迫真の演技に定評がある彼女だが、女優を目指したのは意外な理由からだった。

「もともとは、木村拓哉さんとキスシーンがしたくて志したんです!まだかなってないですけど(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.