くらし情報『「夢のためならOK」手越と昭恵夫人に共通する“自分優先”主義』

2020年6月24日 15:50

「夢のためならOK」手越と昭恵夫人に共通する“自分優先”主義

19年、愛車で夜の街へ繰り出す手越。

19年、愛車で夜の街へ繰り出す手越。



「(安倍)昭恵さんはプライベートでもよくしてくださっていて」

6月23日、都内で開催した会見でそう語ったのは、ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)だ。国民に対して花見の自粛が求められていたさ中の3月下旬、安倍昭恵夫人(58)と10名以上が集った私的な食事会に参加していた手越。桜の前で満面の笑みで撮られた集合写真も報じられ、自粛下での“桜を見る会”ではないかと、批判を受けていた。会見で記者からの質問を受けて、手越はこう反論した。

「花見って書かれてましたけど、それも花見というわけでなく、行ったレストランの庭の桜がたまたま満開だった。せっかくなのでみんなでいろいろ意見交換をして、そこで写真を撮ろうよと」

“レストラン敷地内にたまたま咲いていたのでその前で撮っただけ”。妻の行いが国会で追及を受けたときに、安倍晋三首相(65)もまったく同じ弁明をしたが、そもそも国民に“不要不急の外出の自粛”や“三密の回避”を求めているのに、レストランでの食事なら大丈夫なのか、とツッコミを受けていた。

不要不急の外出の自粛が要請され、ジャニーズ事務所もステイホームキャンペーンを行っているなか、二度の飲み会を行っていたことが報じられた手越。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.