くらし情報『鏡に向かって作り笑顔を…1日を幸せに過ごすための「朝のルール」』

2021年1月21日 06:00

鏡に向かって作り笑顔を…1日を幸せに過ごすための「朝のルール」

走るときに一歩一歩、頭部に衝撃がかかることで、脳内物質が活性化。気分が晴れないときはジョギングが◎。継続すれば、自律神経の乱れも改善して、心身ともに元気になるのだそう。

【3】40度のおふろに10分入る

摂氏40度のおふろに入ったり、シャワーを浴びたり、ミストサウナに入った後に課題をさせる実験を朝7時から数時間ごとに実行したところ、おふろに入ったグループは課題の正答数が向上。注意力や判断力を高め、その後も疲れにくくなるという結果も得られた(※千葉大学リーらの研究)。

「シャワーを1分間浴びるだけでも効果があります」

【4】身だしなみを整える

20代の女性24人にメークをすると、自尊心や自己満足度が高くなり、プロに化粧を施されると不安感が減り、声のトーンが高くなったそう。大学生15人の爪にマニキュアを塗り、感情の変化を調べると、緊張、疲労、落ち込みなどが若干減少することも実証されている(※同志社大学余語ら、京都大学平松らの研究)。

化粧をすると自己肯定感が高くなり、化粧後の自分の姿を見ることで脳波が安定する。マニキュアを塗る、爪を磨くなどもリラックス効果につながる。

「誰かに見せるためではなく、自分の心に余裕をもたせるためにも、身だしなみを整えることは重要です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.