くらし情報『小室哲哉「協力したい」KEIKOへまさかの再プロデュース提案』

2021年3月9日 06:00

小室哲哉「協力したい」KEIKOへまさかの再プロデュース提案

小室哲哉「協力したい」KEIKOへまさかの再プロデュース提案


「とりあえず、僕にとっても大きな変化の時なのかな。これから先のことはゆっくり考えさせていただこうと思います」

KEIKO(48)との離婚が発表されてから1週間がたった3月上旬の夕方。都心の繁華街で、本誌の取材にこう心境を打ち明けたのは小室哲哉(62)。

’18年1月に小室が看護師との不倫を報じられてから3年。“泥沼”にこじれた末の離婚だった。

「不倫報道後の会見で、小室さんはくも膜下出血で倒れたKEIKOさんを献身的に介護してきたと語っていましたが、彼女の親族が週刊誌で否定するなど、断絶状態に。調停で小室さんが生活費支給と多額の財産分与をKEIKOさんに行うことが決まり、離婚が成立しました」(スポーツ紙記者)

’06年に小室が詐欺事件で逮捕された際など、常にそばで支え続けるも、不倫という形で裏切られたKEIKO。『女性セブン』’21年3月18日号では「悪いことがとても多かった」「介助すらしてもらう状況になかった」と元夫への“恨み節”を漏らしていた。

そんな元妻に小室は今、何を思うのか。冒頭に続いて、小室はか細い声で話し始めた。

――今、KEIKOさんにどんな言葉をかけたいですか?

「KEIKOさんのことはあらゆることを本当に、心からお詫びしたいことはたくさんあったんですが……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.